田中淳夫
著者のコラム一覧
田中淳夫森林ジャーナリスト

1959年生まれ。静岡大探検部を卒業後、出版社、夕刊紙を経て森林ジャーナリストに。「森は怪しいワンダーランド」(新泉社)など著書多数。

森歩きの真髄は「歩かない」こと 意識的に立ち止まろう

公開日: 更新日:

 森歩きは目的地を決めずに森を感じながらゆっくり歩こう……。こう説明しているが、不思議なもので、いつの間にか速足になってしまうことがある。

 私自身、最初はのんびり山麓を歩いていたのに、気が付くと額に汗をにじませて、速足で斜面を登っていることがある。悲しき現代人の性か。これはイケナイと自分に言い聞かせる。そこで改めて「森歩きは歩かなくてもよい」と主張しておこう。

 森の中に入ったら、意識的に立ち止まる時間をつくりたい。まず深呼吸する。そして頭上や周りを見渡して、森の細部を観察してみる。あの木の枝に鳥が止まっている。足元に小さな草花が咲いている。幹にコケがついている……。それだけでよい。気分は一気に森に引きつけられるだろう。

 もし、その場所が心地良さそうだったら、木々の間に入ってたたずむ。座り込んでもよい。本当は、ベンチなどがあればよいのだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る