田﨑史郎さん<3>貴重な経験になった2年9カ月の「角栄番」

公開日: 更新日:

 政治部に入った1979年、衆院選の惨敗から自民党内で「四十日抗争」が起きた。当時は大平正芳総裁に反発していた三木武夫元首相が率いる三木派の担当をし、40日間、朝回り・夜回りを続けたという。

「抗争が終わるとき三木さんが記者に『もうこのへんでいいだろう』と話し、それとなく伝えてきた。それを現場で取材しデスクに報告して記事にして、ようやく仕事が一段落しました。派閥担当はメインとサブの2人態勢で、私は三木派のサブでした。当時、政治部の仕事といえば自民党の派閥を取材すること。政策なんてほとんど取材してませんでした」

 三木派を離れたあとは、外務省の担当をして、82(昭和57)年1月から田中派を担当。田中角栄を2年9カ月追った。これが貴重な経験になった。

「今の政治家や政治記者のほとんどは田中さんと話したことがない。政治家では小沢一郎さんや引退した渡部恒三さんぐらい。ジャーナリストは岩見隆夫さん、三宅久之さんとか、みなさん亡くなられてますからね。担当していたとき、僕は30代なんです。田中さんは60歳を越えていましたが、若手記者の質問にも、全身でぶつかってきた。対峙していると背中に冷たい汗が流れる感覚があり、緊張しましたし、圧迫感がありました。人間としての迫力が違いましたから。『この人はスゴイな』と」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る