夢の求人募集? 60日間ベッドで寝ているだけで報酬210万円

公開日: 更新日:

 2カ月間、ベッドで寝ているだけで、約210万円がもらえる! こんな夢(?)のような“求人募集”が話題になっている。

 米NBCニュース(3月28日付電子版)などによると、これは、NASA(米航空宇宙局)とESA(欧州宇宙機関)の共同実験における被験者の募集だ。宇宙における微小重力状態が人体に与える悪影響に対処する方法を研究するのだという。

 宇宙飛行士が微小重力状態で長期間過ごしていると、骨と筋肉が衰えることが分かっている。研究チームは、長期間ベッドに横たわり続けることで、宇宙における微重力状態をシミュレートしようとしているのだ。

 被験者は「Agbresa」という特殊なベッド(写真)で60日間、過ごす。Agbresaは遠心分離器のように回転し、寝ている被験者の体に微小な重力をかけるようになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  7. 7

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  8. 8

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    花田美恵子さん<3>フライト中に貴乃花から食事に誘われて

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る