6歳の男の子の“夢”をかなえた 米配送ドライバーの粋な行動

公開日: 更新日:

 この親切、大人になっても忘れないだろうな。

 米ミシシッピ州の地元テレビ局WAPT(19日付電子版)によると、同州ランキン郡に住むウェンディー・ベイリーさんは先日、生活家電チェーン「ロウズ」に新しい冷蔵庫を注文した。注文から配送まで約2週間。

 配送を指折り数えて待っていたのが、ベイリーさんの6歳になる息子ブランドン君だ。お目当ては冷蔵庫ではなく、冷蔵庫を入れる頑丈な段ボール。段ボールの砦(とりで)を作ったり、宇宙船ごっこをしたり……ブランドン君の夢は膨らんだ。

 いよいよ待ちに待った配送の日。トラックから出てきた冷蔵庫を見て、ブランドン君は心からガッカリした。

 冷蔵庫は箱に入っておらず、むき出しの状態で運ばれてきたのだ。

 すっかりしょげてしまったブランドン君。そのわけを知った配送ドライバーの行動は早かった。すぐに店舗に戻り、冷蔵庫を入れていた段ボールを持って帰ってきたというから、泣かせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

もっと見る