加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

激動の戦国時代 細川藤孝はピンチを頭脳で切り抜けた

公開日: 更新日:

 激動の戦国時代に、幾たびものピンチを乗り越えたのが、細川藤孝(幽斎)です。彼の凄味は己れ一代の栄華を誇ったのではなく、その類まれな歴史を子孫たちに正確に伝え、代々の繁栄をもたらした点にあります。

 藤孝は天文3(1534)年、京都東山の麓、岡崎に生まれました。

 父は室町3代将軍の足利義満より分流した三淵家の当主で、幕臣の大和守晴員。藤孝は幼少期から母の実家で一流の学者・少納言清原宣賢のもとで学問の手ほどきを受け、教養人に育ちました。

 最初に仕えたのが13代将軍の足利義藤(義輝)で16歳のときに初の戦功をあげ、戦場を駆けめぐりました。近世初期の文人・松永貞徳は自叙伝に、

「幽斎は若いころから非常な大力の持ち主だった」

 と記しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  8. 8

    照ノ富士Vの裏で…白鵬と鶴竜の休場癖に武蔵川親方も苦言

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    小池女帝の見切り発車「午後10時閉店」に都庁さえも大混乱

もっと見る