池袋や三宮の事故で注目 クルマ誤発進防ぐ後付けアイテム

公開日: 更新日:

 母子2人の命を奪った東京・池袋の暴走事故も、8人が死傷した神戸・三宮のバス事故も、現場からブレーキ痕が確認されず、暴走の原因はアクセルとブレーキの踏み間違いとみられる。事件を起こしたドライバーは87歳と64歳の高齢男性とあって、免許返納論議が沸き起こっているが、免許返納は進んでいないのが現実だ。ハッキリとした認知症などの人はともかく、運転に支障がない高齢者が安全運転をサポートするアイテムはないのか。自動車ジャーナリストの横田晃氏に聞いた。

 自動車の死亡事故の件数は、2018年と10年前を比較すると、実はすべての年齢層で減っている。それなのに高齢者の事故が目立つのは、なぜか。警察庁によると74歳以下の発生件数は、免許人口10万人当たりせいぜい4件ほどだが、70代後半は6件を超え、80代前半は9件に。85歳以上は深刻で16件超にハネ上がっている。

 実は、75歳以上と74歳以下では、事故の原因が違う。74歳以下は、前方不注意など「安全不確認」だが、75歳以上は「操作不適格」。今回の事故でもクローズアップされた踏み間違いやハンドル操作のミスだ。事故を起こした人は、半数が認知機能が低下していたそうだが、逆にいうと半数は問題ないということ。そうだとすれば、操作ミスをしない工夫や知恵があれば、痛ましい事故を防げる可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  9. 8

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  10. 9

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る