GW中の東京でも どうして5月に“ひょう”は多く降るの?

公開日: 更新日:

 GW中の5月4日昼すぎ、東京の三鷹や府中に直径3~4センチのひょうが降り、驚いた人も多いだろう。同日には、神奈川県の丹沢山地にある鍋割山で、登山に訪れていた千葉市の男性会社員(45)が、落雷により死亡している。

「春は地上が暖かくなっているのに対し、上空には強い寒気が残っていて、それが流れ込むことで大気の状態が不安定になります。夏は氷の塊が溶けて雨になるため、ひょうとして降るのは北海道を除いて、全国的に5月がダントツに多いのです」(気象予報士の饒村曜氏)

 少し古いデータだが、元気象庁予報官の倉嶋厚氏の著書「日本の気象」で、ひょうを伴った雷雨の回数(1951~55年の平均)では、やはり全国的に5月にひょうが最も降っている。

「気象庁はこれ以降、統計データを取っていません。計測が難しく、まだまだ珍しい現象だからです。ただ、近年の報告数や傾向を見ている限り、現在も変わらず5月が多いと考えられます。同著では5月は日差しが強く、気温があまり高くないことを理由に挙げていますし、雷雲(積乱雲)がひょうになる割合は、関東の場合、5月が17%、8月が2%です」(饒村曜氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る