アックスコンサルティング広瀬元義社長 作家志す青年時代

公開日: 更新日:

 小説家になるために上京。大江健三郎、三島由紀夫、島崎藤村、水上勉らを読み漁り、明治学院大の学生時代は、蒲田のアパートにこもって純文学を書き続けていたという。

 ある日、部屋の窓からアスファルトの水たまりを眺め、「この道は大分までつながっているのか?」と思い付き、歩いて郷里まで戻ったこともあったらしい。

「28歳まで大学へ在籍して、見事に除籍。小説家として生きるなら20代までに結果を出さないといけないと思っていましたし、小説家としての道はそこであきらめました」

 それまでは同人誌の仲間と赤ちょうちんで文学論を戦わせる。

 やや青臭い気もするがその明るい表情から察するに、充実した日々だったようだ。当時の仲間には、いかにもあか抜けない事務員の女性がいた。

「山野田みゆきのペンネームを名乗っていた宮部みゆきさんです。当時の彼女は弁護士事務所の事務員をしていて、新宿ゴールデン街の内藤陳さんの店へ一緒に行ったこともありました。彼女はお酒がほとんど飲めませんでしたが、それでもグラスには口を付ける気遣いのある女性でした。当時の彼女はアガサ・クリスティやレイモンド・チャンドラーの技法を研究していた記憶があります。同じ小説家志望のひとりが小説家を断念し、一方で別の者は売れっ子作家として夢をかなえた。その違いを説明するのはなかなか難しいのですが、水上勉の『雁の寺』がいいと思う人と、ストーリーの筋立ての方を面白がる人の違い、と言ったら分かりますかね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る