アックスコンサルティング広瀬元義社長 作家志す青年時代

公開日: 更新日:

 小説家になるために上京。大江健三郎、三島由紀夫、島崎藤村、水上勉らを読み漁り、明治学院大の学生時代は、蒲田のアパートにこもって純文学を書き続けていたという。

 ある日、部屋の窓からアスファルトの水たまりを眺め、「この道は大分までつながっているのか?」と思い付き、歩いて郷里まで戻ったこともあったらしい。

「28歳まで大学へ在籍して、見事に除籍。小説家として生きるなら20代までに結果を出さないといけないと思っていましたし、小説家としての道はそこであきらめました」

 それまでは同人誌の仲間と赤ちょうちんで文学論を戦わせる。

 やや青臭い気もするがその明るい表情から察するに、充実した日々だったようだ。当時の仲間には、いかにもあか抜けない事務員の女性がいた。

「山野田みゆきのペンネームを名乗っていた宮部みゆきさんです。当時の彼女は弁護士事務所の事務員をしていて、新宿ゴールデン街の内藤陳さんの店へ一緒に行ったこともありました。彼女はお酒がほとんど飲めませんでしたが、それでもグラスには口を付ける気遣いのある女性でした。当時の彼女はアガサ・クリスティやレイモンド・チャンドラーの技法を研究していた記憶があります。同じ小説家志望のひとりが小説家を断念し、一方で別の者は売れっ子作家として夢をかなえた。その違いを説明するのはなかなか難しいのですが、水上勉の『雁の寺』がいいと思う人と、ストーリーの筋立ての方を面白がる人の違い、と言ったら分かりますかね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由

    「鬼滅の刃」ブームは終わったのか? テレビ版「無限列車編」の視聴率がイマイチの理由

  2. 2
    和久田麻由子アナいよいよNHKの絶対的エースに “独走状態”がゆえに公私でのパンクが心配

    和久田麻由子アナいよいよNHKの絶対的エースに “独走状態”がゆえに公私でのパンクが心配

  3. 3
    中日・又吉克樹FA宣言で争奪戦必至 移籍先候補「残る球団」と「消える球団」

    中日・又吉克樹FA宣言で争奪戦必至 移籍先候補「残る球団」と「消える球団」

  4. 4
    “10万円相当給付”のムダな事務経費900億円に公明・山口代表「問題ない」の大ヒンシュク!

    “10万円相当給付”のムダな事務経費900億円に公明・山口代表「問題ない」の大ヒンシュク!

  5. 5
    秋篠宮さま「相当ひどいことが書いてある」…誕生日会見で明かした“ネット書き込み”閲覧の苦悩

    秋篠宮さま「相当ひどいことが書いてある」…誕生日会見で明かした“ネット書き込み”閲覧の苦悩

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    鈴木誠也は「住環境」と「強豪」を優先 希望に合致して浮上したメジャー4球団はココだ!

    鈴木誠也は「住環境」と「強豪」を優先 希望に合致して浮上したメジャー4球団はココだ!

  3. 8
    オミクロン株の猛烈感染力、しかも空気感染する可能性 空港ザル検疫すり抜けすでに日本上陸か

    オミクロン株の猛烈感染力、しかも空気感染する可能性 空港ザル検疫すり抜けすでに日本上陸か

  4. 9
    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

    シートベルト着用が致命傷の盲点に…後部座席の警察官が内臓破裂で死亡

  5. 10
    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声

    反共発言を繰り返す芳野友子・連合会長は「与党が仕掛けたトロイの木馬」 ネットに呆れる声