松竹芸能、松竹エンタテインメント関根康社長 組織や人材育成にハリウッド脚本術を

公開日: 更新日:

 大阪・道頓堀は、江戸時代後期に「浪花座」や「中座」など道頓堀五座が立ち並ぶなど上方芸能の中心地。松竹の「角座」が今年1月、常設劇場「DAIHATSU 心斎橋角座」として復活し、話題を呼んでいる。そんな松竹の映画・演劇の老舗「松竹芸能」と芸人などのマネジメントを手掛ける「松竹エンタテインメント」のトップを兼ねる関根康社長(63)は、「読書家ではない」と謙遜するが、どっこいかなりの読書家だった。

  ◇  ◇  ◇

「小さい頃、母親に読書を勧められても、あまり好きではなくて。学校の宿題の読書感想文も提出しなかったり。本よりビジュアルが好きでした」

 絵画教室に通い、美術全集でゴッホやマネの絵を眺める毎日。絵画への関心が深まるにつれ、ダリやマルセル・デュシャンらの現代美術、さらには立体的な前衛芸術のインスタレーションなどに引かれ、芸術論などの本を手に取るように。神保町や下北沢の古本屋を巡っていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る