年金で海外移住 預金250万円でビザが下りるタイがイチオシ

公開日: 更新日:

 老後は退職金と貯金、そして年金の範囲内で物価の安い海外移住を目指すのも選択肢のひとつだ。東南アジアを中心にいくつかの国では、外国人が移住やロングステイをするための退職者向けビザ(リタイアメントビザ)を発行している。

 先月、「ロングステイ希望国・地域2018」のトップ10が発表された。1位は13年連続のマレーシア。長期滞在査証「マレーシア・マイ・セカンドホームプログラム」があり、気候や医療水準などの生活面が評価されている。2位はタイ、3位はハワイ、そして4位は前回からランクアップのフィリピン……と続く(一覧は別表=ロングステイ財団調べ)。

「マレーシアは制度が充実していて、英語も通じやすく、治安も悪くない」と言うのは、「海外暮らし最強ナビ アジア編」の著者で、ライターの室橋裕和氏。もっとも、年金生活者が移住するには厳しいそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  4. 4

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  5. 5

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  6. 6

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  9. 9

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  10. 10

    安倍命、次は菅に雪崩で国民愚弄 自民党政権は下野が当然

もっと見る