腎不全の孤児生徒を養子に…数学教師に全米から共感と支援

公開日: 更新日:

 見て見ぬフリはできない--安定した住居がないせいで腎臓移植を受けられない生徒を自宅に引き取り、養子縁組の手続きを行っている数学教師に、全米から共感と支援が寄せられている。

 米CNN(5月30日付電子版)などによると、コロラド州オーロラに住むダミエン君(13=写真右)は8歳の時に腎不全と診断された。現在は1日12時間、人工透析を行わなければならず、食事にも厳しい制限がある。

 ダミエン君は幼いころに孤児になり、これまでに何回も養子になったが、その度に里親たちは治療や世話の負担に耐え切れず、ダミエン君を病院に送り返す結果に終わっていた。

 問題は、送り返される度に、ダミエン君が腎移植リストから外されること。「安定した住居がないと臓器不全を起こす危険性が高い」と判断されるためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る