黒川伊保子さん<2>日本語で対話し情報検索できるAIを開発

公開日: 更新日:

 新卒で入社した富士通の子会社では、1982年に設立した「新世代コンピュータ技術開発機構」の政策の一環で、人工知能プログラマーの任務を与えられた。このプロジェクトが終わる92年までの数年間に育てられたプログラマーたちが、初期のAIの開発に携わっている。

「私は今年還暦ですから、ほとんどのプログラマーがもう現場から離れているでしょう。これまでのコンピューター言語では、プログラムが初期に設定されたまま応用ができなかったけど、人工知能言語なら、プログラムの起動中にコンピューター自身が論理演算でどんどんプログラムを書き換えていける仕組みです」

 同期数人がこの仕事に従事した。同社では、最終的に20~30人のプログラマーが育成されたという。もっとも、エンジニアの定時は「22時」だ。

「家に帰らないうちに1週間経ったという人もいましたし、確かに忙しかったです。日本経済はまだ成長期だったから、新しい事業に携われることで気持ちも高揚していました。徹夜しても、文化祭の前日のような感覚でしたね。ただ、20代の終盤に携わった『日本語対話型女性AI』の開発時は大変でした。91年の2月で私は妊娠3、4カ月くらい。つわりもひどかったのに、残業時間が110時間を超えていて。さすがにつらかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  4. 4

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  5. 5

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ゆきぽよ“安倍批判”に賛同の声 若者の政治意識は変わるか

  8. 8

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  9. 9

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  10. 10

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

もっと見る