大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

公開日: 更新日:

 第2次世界大戦中、フランスで戦った元米軍兵士が、当時、恋に落ちたフランス人女性と75年ぶりに再会。切ない恋物語が米仏両国で感動を呼んでいる。

 仏国際ニュース専門チャンネル「フランス24」(6月11日付電子版)などによると、米退役軍人のロビンズさん(97)は1944年、フランス北東部ブリエに駐屯していた際、地元女性のジャニーヌさん(92)と出会い、恋に落ちた。当時は20代前半と、まだ10代。

 2カ月後、ロビンズさんの部隊はドイツに向け、さらに東へ進軍することになり、2人の短い恋は終わってしまった。

 ロビンズさんは、フランス24に大戦中の体験を語った際、ジャニーヌさんとの思い出に触れた。

「当時のジャニーヌさんの写真を今でも持っていて、忘れたことはない」

 この話に心を動かされた同局スタッフは、「ジャニーヌさんもまだ生きているかもしれない」と、彼女の行方を探し始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る