鈴木一泰さん<2>マンションの設計プランを他社に盗まれた

公開日: 更新日:

 大東建託の中途採用試験は、面接のみだった。本社募集ではなくて、名古屋北支店での募集だったせいか、あっけなくパスしたという。

「配属は、設計課です。工務店時代のように詳細な図面を描くのとは違って、決まったパーツを埋め込むような作業。どちらかというと、設計といってもプランニングに近いのがひとつ。もうひとつは特注物件といって、ゼロから企画して設計する仕事でした」

 当然、力を入れるのは特注物件だろう。あるとき、とんでもない落とし穴に追い込まれた。

「当時は、建築士の資格がなかったので、プランを練って引いた図面を、建築士の上司が入念にチェックして、上司の名前で契約書にまとめます。問題があったのは、ファミリー向けのマンションでした。4階建てで全20戸くらいかな。まったく同じ仕様のマンションが別の会社で建てられた。パクられたんですね。1990年代後半は、そういうことがよくありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る