医療・介護だけで1000万円不足 報告書の月1万5512円は甘い

公開日: 更新日:

 ちょっと少なすぎないか。そう思っている人もいるだろう。麻生財務相が受け取りを拒否した金融庁報告書で、支出の内訳のうち保険医療費が1万5512円と示されていることだ。毎月の“赤字”を少なく見せようと“圧縮”したのかもしれないが、高齢者の医療費がこの程度の金額では済むはずがないだろう。

  ◇  ◇  ◇

 厚労省の「国民医療費の概況」(2016年度)によると65歳以上は1人当たり年間72万7300円を医療費に費やしている。その金額は年齢が上がるにつれて増え、70歳以上で82万8200円、75歳以上は90万9600円にハネ上がるのだ。

 国民医療費の概況の金額は10割負担だから、実際の自己負担額は所得に応じて1~3割。仮に現役並みの所得があるとすれば、3割負担で65歳以上は21万8000円、70歳以上は24万8000円、75歳以上は27万円。報告書が示す月額の12倍(年額)より、それぞれ年間で3万円、6万円、9万円近く増える。80歳まで生きるとすれば、単純計算で90万円の上乗せだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  9. 9

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る