電車内での生死を分ける“安全な車両”と“立つべき場所”は?

公開日: 更新日:

 新潟に震度6強の揺れが襲ったのは、先月18日の午後10時22分だった。それが東京や大阪の都市部だったら、仕事帰りに一杯飲んで帰る人が、あちこちの駅で足止めを食らったかもしれない。電車に閉じ込められた人も続出しただろう。大地震は、いつ、どこで襲ってくるか分からない。駅や電車で被災したら、どうするか――。

  ◇  ◇  ◇

 JRのほか、京王や東急、東京メトロの4社が乗り入れる渋谷駅は、1日の乗降客数が平均約320万人に上る。ピークの朝のラッシュ時にドスンと揺れたら大変だ。試算によれば、1万1000人が電車に閉じ込められ、1万7000人が駅に滞留するという。

 逃げ惑う人が自分勝手に行動したら、事故も相次ぐ。そんな危機的な状況を回避すべく、駅周辺の再開発に合わせ、災害時の滞留空間の建設も急ピッチで進む。その広さは地下5階規模で、防災備蓄倉庫も整備されるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  7. 7

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る