大停電でも慌てない モバイル充電器&発電機の使い勝手

公開日: 更新日:

 地震による停電の復旧は、これまでの常識では「1週間」といわれてきた。東日本大震災では、東北電力管内で約466万戸が停電しているが、3日で80%、8日で94%が復旧している。

 ところが、今回の北海道胆振東部地震の完全復旧は、1週間どころか、発生から2カ月も後の11月以降が予想されている。首都直下や南海トラフ大地震も想定外のことが起きると覚悟しておいた方がよさそうだ。

 内閣府の被害想定では、M7クラスの首都直下地震で死者は2万3000人、M8クラスだと7万人。その時点で都市機能はほぼ壊滅しているだろうが、そんな修羅場の状況では家族の安否確認や救援物資情報などの取得が必須。携帯電話やiPad、ノートパソコンが欠かせない。

 現在、インターネットの主要プロバイダーはデータセンターの耐震・サーバーの分散化が進み、街が崩壊した後でもツイッターやLINEのサービスは継続される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る