三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

森美術館は“18禁”の展覧があるが…エロと芸術の線引きの謎

公開日: 更新日:

 LGBTも今や当たり前だし、昔から芸術と性とは切り離せない関係だ。ディズニーやバーンスタイン、ラベルもゲイだったし、ミュージカルだってゲイの人たちが作った名作がたくさんあって、彼らの創造性なしには存在しなかったと思う。

 表現の仕方によって苦痛を受ける人もいるんだろうけど、そうなると不思議だなって思うのは、どこまでが芸術として許されて、どこからが悪なのか、線引きが不明瞭なことだね。

 市民会館とか駅前とかには、必ずと言っていいほど裸の女性の銅像が立っている。子どもが普通に歩くところに、なぜか知らないけど裸の女性がいるわけだよ。たまに股の間がどうなっているのか気になって、よせばいいのにのぞき込んでみて、「何にもないのかよ」ってひとりで突っ込みを入れたりするんだけど、あの像が批判されないのはなぜなんだろう? 芸術だといえば、ヌードは許されるんだよね? 子どもの目に触れても構わないってわけだ。

 それなのに、一方で過激だと批判され、規制がかけられるんだから、どうなっているんだろうって思うね。女性がレイプされている絵じゃなくても、駅前の裸像を不快に思う人もいるだろう。感じ方は人それぞれ。だから芸術なんだろうけど、どうもすっきりしないよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  2. 2

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  3. 3

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  4. 4

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  5. 5

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  6. 6

    英語民間試験に政官癒着 渦中のベネッセが抱える“深い闇”

  7. 7

    ラッシャー板前さん 付き人時代にたけし愛飲の酒をペロッ

  8. 8

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  9. 9

    好発進の渋野 米ツアー通算2勝目に立ちはだかる「英会話」

  10. 10

    クドカンの苦悩告白から読み解く「エール」脚本家降板劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る