下重暁子さん<5>物書き一本でいく…今はまだスタート地点

公開日: 更新日:

 東京放送局時代、NHKラジオ「夢のハーモニー」を担当していた。夜11時すぎに音楽にのせて詩や物語を読む番組。文章は有名な詩人などに依頼していたが、ある時から予算の削減のために下重さんにチャンスが巡ってきた。

 その後しばらくして、「誰が書いているんですか。面白いから本にしませんか」と大和書房の若い男性編集者から声が掛かった。

「学生時代から活字の世界に入ることが夢だったので、うれしかったです。その縁で1967年にデビュー作の詩文集『もうひとりのあなたに』を出しました。帯を書いてくれたのはライターの“のぶひろし”さん。きっかけとなったラジオ番組のディレクターと仲が良かったからで、今の五木寛之さんです。『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞を取ったばかりで多忙でしたが、喫茶店で書いてくれました。その後も数冊書いてくれた。長い付き合いをしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る