40年ぶりの高値水準…今から“金投資”でひと儲けするには?

公開日: 更新日:

 金が歴史的高値水準だ。地金大手の田中貴金属工業は7日、前日比49円高の1グラム当たり5486円で販売した。1980年2月以来、約40年ぶりの高い水準だ。この時は、第2次石油ショックの影響で、世界的なインフレが広がる中、安心資産の金が買われた。

 今回、金が高騰している大きな理由は米中貿易戦争。ニューヨークの金先物価格は、ここ1年で2割も上昇している。

「世界経済が不透明で、株などリスク資産への警戒が強く、各国の利下げ競争で、国債の利回りも悪くなっている。加えて、ここへきて、“通貨安合戦”が激しくなっていて、通貨も信用できない。投資先が少なくなっている状況です。投資家のおカネが金に向かうのは当然といえます」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 投資家に加えて、各国の中央銀行も金を大量購入している。金価格が着実に上昇するのもうなずける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る