消費税がかからない国も 海外旅行で金を買うのは損か得か

公開日: 更新日:

金投資編(9)

 今年のお盆休みは8月10日からの9連休になる人が多いとか。もし、海外旅行を計画しているなら、旅行先で金を買ってくると、得する可能性がある。金と消費税の関係は以前にも紹介したが、日本では金の購入に消費税がかかるが、海外にはかからない国もある。身近なところではシンガポールや香港などだ。

 つまり、消費税がかからない国であれば、8%分安く購入できることになる。10月からは消費税率が10%に引き上げ予定だから、得する率はさらにアップする。しかし、注意が必要。日本に持ち込むときに申告が必要なケースがあるからだ。

 海外旅行先で購入した土産などを無税で国内に持ち込める範囲は決まっている。酒類なら3本まで、紙巻きたばこは400本までだ。それ以外のものは合計金額が20万円以下であれば、税金がかからない。ただし、価格が1万円以上のものは事前に申告をしなければならない。金製品で1万円以下のものはないだろうから、税金がかからない場合でも入国時に申告は必要になるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る