消費税がかからない国も 海外旅行で金を買うのは損か得か

公開日: 更新日:

金投資編(9)

 今年のお盆休みは8月10日からの9連休になる人が多いとか。もし、海外旅行を計画しているなら、旅行先で金を買ってくると、得する可能性がある。金と消費税の関係は以前にも紹介したが、日本では金の購入に消費税がかかるが、海外にはかからない国もある。身近なところではシンガポールや香港などだ。

 つまり、消費税がかからない国であれば、8%分安く購入できることになる。10月からは消費税率が10%に引き上げ予定だから、得する率はさらにアップする。しかし、注意が必要。日本に持ち込むときに申告が必要なケースがあるからだ。

 海外旅行先で購入した土産などを無税で国内に持ち込める範囲は決まっている。酒類なら3本まで、紙巻きたばこは400本までだ。それ以外のものは合計金額が20万円以下であれば、税金がかからない。ただし、価格が1万円以上のものは事前に申告をしなければならない。金製品で1万円以下のものはないだろうから、税金がかからない場合でも入国時に申告は必要になるわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  9. 9

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る