松島修
著者のコラム一覧
松島修投資助言会社社長

1960年東京生まれ。94年投資助言会社エフピーネットを設立し代表取締役に就任。メルマガ「イーグルフライ」で投資アドバイス。2008年からの金融危機前に各相場のピークを予測し「全ての投資をやめる時」と事前に警告したことで知られる。テレビ東京、日経新聞などメディア出演多数。無料メルマガ「イーグルビュー」で最新情報を提供中。

必ず来るリーマン級金融危機 バブル崩壊でも利益出す秘訣

公開日: 更新日:

 毎年8月は株価下落・円高になりやすい月です。

 2008年9月のリーマン・ショック後、世界の株価は100年に一度といわれる金融危機により大暴落しました。

 09年2月に大底を打ち、反転上昇開始してから10年経過し、ニューヨークダウは過去最高値を更新し続け、現在バブルの最終局面に来ていると判断しています。

 大きな金融危機・経済危機から回復させるために各国の中央銀行が、今まで人類が経験したことがない大規模な金融緩和で株価上昇させてきました。

 このような中央銀行が相場をつくる官製相場は自然ではないため、現在の株式相場は中央銀行依存症となっています。

 米国は株価が過去最高値に位置しながら金利を引き下げて株価上昇させようとしたり、過去にないことが続いています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る