飛行機が怖い96歳女性に示した若者の優しさに乗客も感涙

公開日: 更新日:

 ある若者が高齢女性に示した思いやりに、世界中から称賛の声が寄せられている。

 米ニュースサイト「グッドニュースネットワーク」(8月9日付)などによると、カリフォルニア州サンディエゴに住む女性、メーガン・アシュリーさんが7月29日、サンディエゴからテネシー州ナッシュビルに向かう旅客機に乗っていた時のこと。

 離陸前に、すぐ近くの席に座っていた高齢女性が隣席の若い男性と話をしているのが聞こえた。

 「私は96歳で、誕生日に(ミズーリ州)カンザスシティにいる家族に会いに行くところなの。でも飛行機に乗るのは15年ぶりで、ちょっと不安だわ」

 そして搭乗機が離陸滑走を始めると、女性は「離陸するまで手を握ってていい?」と男性に頼んだ。男性は快く頼みを聞き入れ、手を握りながら、女性の気持ちを落ち着かせるように、その時、起きていることを丁寧に説明していたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  3. 3

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  9. 9

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  10. 10

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る