タピオカマニアも含まれる…学生の7割が「オタ活」に夢中

公開日: 更新日:

 朝活、就活、婚活、妊活、終活、温活、ソー活……と〇活が増殖中だ。年頃の息子や娘を持つ親にとっては、「オタ活」も気になるところ。キャッシュレス決済の「カンム」のアンケートによると、学生(中学~大学・院生)の実に73%がオタ活をしていると答えている。

 オタ活とは、アニメや鉄道、アイドルのおっかけなどオタク趣味に没頭する活動のこと。ただし、部活の活のように“努力”するような前向きな意味に捉えている。

「漫画やアニメといったインドアな趣味ばかりでなく、夏フェスやライブイベントに友人らと誘いあって行くような活動もあります。親世代が思い浮かべるようなネクラなイメージでは捉えていないことがわかります」(「カンム」広報担当者)

 女子高生にブームのタピ活(タピオカ)のように、何かしらのファンとして買い物や消費することもオタ活の一部に含まれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  3. 3

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  4. 4

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  7. 7

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  8. 8

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    ペスト大流行を生んだ巨大モンゴル帝国 盛衰のカギは銀だった

もっと見る