河合敦さん<5>進学校でやっと日本史だけを担当できて感激

公開日: 更新日:

 2004年、河合さんは都立白鷗高校に異動になった。当時から進学校として知られた伝統校だ。かつ、東京都が決めた小石川、両国など10校の“中高一貫校”になることが決まっていた。赴任早々、その開設準備室の担当になった。

「とにかく、大学受験に役立つ教材研究に大わらわの毎日でした。目指すはMARCH以上。場合によっては東大レベルの入試問題が解けるレベルの授業をするためです。授業の合間の休み時間は、大半がそのためにノート作りをしていたし、効率的な授業をするため各校の過去の入試問題を徹底的に研究して穴あきファイルにとじ込んでいました。都立の教員になって、初めて日本史に特化した授業を受け持つことになって、教壇に立っては、“そうだ、自分はココに来たかったんだ”と感激しましたね」

 仕事の中身に感激しただけではない。生徒たちの態度にも随分驚いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る