松屋には根強いファンが多い 吉野家はない独特の魅力とは

公開日: 更新日:

 人件費や原材料費の高騰で外食チェーンが苦境にあえぐなか、牛丼チェーンの吉野家が息を吹き返している。

 今年3月に牛丼の新カテゴリーである「超特盛」、「小盛」を販売開始。「超特盛」は1カ月で100万食を売り上げた。また、スポーツジム「ライザップ」とのコラボメニュー「ライザップ牛サラダ」のヒットで、2020年2月期第1四半期(2019年3月1日~5月31日)は、前年同期比182.7%の増益とすこぶる好調だ。ほかにも、8月14日に発売された数量限定の高価格メニュー「特撰すき焼き重」の人気で来客数が伸びているという。

 牛丼チェーン各社の店舗数(2019年6月現在)は、首位のすき家が1931店舗、吉野家が1216店舗、松屋958店舗という構図は揺るがないものの、牛丼元祖・吉野家の復活はファンとしてはうれしいところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る