全米ホッコリ…14年前になくした黒猫の縫いぐるみを発見!

公開日: 更新日:

 ところが、9月24日のこと。ヤギを囲う新しい柵の材料を近くの森に取りに行っていた農場のマネジャーが帰ってきて、スーザンさんにこう言った。

「誰か森で縫いぐるみをなくしてないかな?」

 マネージャーが木の根本で発見したのは、まさにプラーナだった。コケやホコリにまみれていたが、間違いない! それも、破れることなく無傷の状態だった。

 スーザンさんがエミリーさんの部屋に行き、発見されたプラーナを手渡すと、エミリーさんは驚きのあまり言葉を失った。エミリーさんは数時間かけ、プラーナからピンセットでコケなどを取り除き、洗ったところ、まるで新品のようによみがえった! 写真左が発見直後、右はエミリーさんがきれいにしたプラーナだ。

 スーザンさんが一連の出来事をフェイスブックに書いたところ、この心温まる物語は共感を呼んで急拡散。2日後にはワシントンポストなどの主要紙までこの話を取り上げ、全米の人々をホッコリさせている。

 スーザンさんは投稿の冒頭にこう書いている。

「この話は奇跡じゃないし、あまり大げさに話したくないけど……家族みんなが口をあんぐり開けてビックリしました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る