牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

よく通う居酒屋で覚えた「シメサバ」のおいしい食べ方

公開日: 更新日:

 皮がぱりっと焼きあがった塩サバの、めくれた切れ目から白い身がのぞいたところに醤油をかけると、少しはじける。それを箸でつまんで、大根おろしと一緒に白い飯にのせてほおばると、思わず魚のなかでサバが一番好きだな、と言葉が出てくるほど、サバを焼いて食うのは幸せである。酒の肴にすることもあるが、途中でどうにも飯が欲しくなってしょうがない。

 しかし、シメサバとくると、これはもう、圧倒的に酒の肴である。見ただけで酒が飲みたくなる。

 よく通う居酒屋で覚えたシメサバのおいしい食べ方がある。皿にきゅうりの千切り、三つ葉を刻んだのをたっぷり敷いて、その上にシメサバの切り身を並べる。食べるときに和がらしをつけて醤油をまわしがけ、ざっくり混ぜ合わせる。和がらしというところがミソである。

 郷里の小倉では、玄界灘や関サバでも有名な豊後水道などの近海でいいサバが揚がる。そんなわけでこの足の早い魚を生で食べる「ごまサバ」という料理がある。生のサバの身を薄く切り分けて、すりごま、醤油、みりん、しょうがのおろし汁で和え、小ねぎと海苔をちらす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る