牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

雹が降った翌朝…羽がほとんどないアゲハ蝶が庭の隅に

公開日: 更新日:
(画・牧野伊三夫)

 今年の5月4日のこと。その日は朝から晴れていたが、午後になってにわかに冷たい風が吹き、空に黒い雲が垂れ込めてきた。やがて雷鳴がとどろいたかと思うと、屋根の上からトントントンという聞き慣れない音が聞こえてきた。何だろうと思っていると、妻が突然、

「う…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  2. 2

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  3. 3

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    杏が歩く大女優への道 “ポスト半沢直樹”でコミットされた

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

  8. 8

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  9. 9

    <8>市試算でコスト増218億円 職員嘆くブラック、ハリボテ

  10. 10

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

もっと見る