牧野伊三夫
著者のコラム一覧
牧野伊三夫画家

1964年生まれ。画家。美術同人誌「四月と十月」同人。著書に「かぼちゃを塩で煮る」(幻冬舎)、「僕は、太陽をのむ」(港の人)ほか。北九州市情報誌「雲のうえ」、飛騨産業広報誌「飛騨」編集委員。

昔よく食べていた「魚肉ソーセージのナポリタン」の作り方

公開日: 更新日:

 このあいだ、昔よく食べていたナポリタンスパゲティをずいぶん久しぶりに作ったが、なかなかうまかった。

 まともなスパゲティの食べ方とは思えないが、子供の頃はこれにウスターソースをかけてめしのおかずにしていた。もっとも、その頃は何でもめしにかけてがつがつ食べていたから、ナポリタンスパゲティでなくとも、適当に味がついたものでめしを腹いっぱい食えればそれでよかった。

 そんなスパゲティだが、魚肉ソーセージのふわふわした食感が実によいのである。作り方は簡単で、まずスパゲティの麺を茹でる。麺は太麺の方がうまいと思う。その間にフライパンに油を引いて、斜め薄切りにした魚肉ソーセージを丁寧に弱火でカリカリした焦げ目がつくまで焼く。

 そこへタマネギとニンジンの薄切り、シメジを加えてざっくり炒め合わせ、茹で上がったスパゲティの麺を入れて、ケチャップをベベベッとかけて軽く炒め、最後にピーマンの細切りを加えてひとまぜしたら完成であるが、食べるときにパルメザンチーズとタバスコは欠かせない。トマトピューレや白ワインを加え、仕上げにパセリのみじん切りをかけると、少し洒落た味になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  5. 5

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  8. 8

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  9. 9

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  10. 10

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る