菊池康平さん<5>1試合も出場できず休職期間が終わり帰国

公開日: 更新日:

 ボリビアでプロ選手として練習している間も、パソナの先輩やクライアントの方々は僕のブログにコメントをしてくれるなど、応援をしてくれていました。ときには、日本の清潔なオフィスに戻りたいと思うこともありましたね。

 外国人選手ということで、服を隠されるなどのいじめにも遭いましたし。でも、いじめに遭っても「今自分は戦いの世界にいるんだ」という実感ができて、うれしかったです。いじめられるということは、気にされているということですから。練習は毎日本気のぶつかり合いで、充実感がありました。

 でも、会社と約束した休職期間は1年です。その期日が次第に迫ってきた頃にも、いろいろ移籍手続き上のトラブルもあって、僕は試合に出ることができていませんでした。プロ契約はできたものの、「プロとして試合に出て大勢の前でプレーする」という夢はかなえられていなかったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る