藤北誠也さん<1>父に「一度は地元離れろ」と言われ東京へ

公開日: 更新日:

 ボクシングのチャンピオンは、高校や大学のボクシング部からステップアップするのが一般的な流れ。しかし、来年、フライ級のタイトルマッチを予定している3位の藤北誠也選手(31)は、学生時代にボクシング経験がない。実は、自動車整備士のサラリーマン時代に東京・練馬の三迫ジムに通いながらプロを目指したという。

「学生のころって、強いものへの憧れがあるじゃないですか。僕にとっては、それがボクシング。でも、進学した高校にはボクシング部がなく、それっきり。高校卒業後は京都の自動車専門学校に通い、ほぼほぼ地元奈良での就職が決まっていたんです。そんなとき、オヤジに『一度は、地元を離れた方がいい』と言われたんです。1年目の10月ごろだったかなぁ。就活もそろそろ終わろうかというころでした」

 当時(2007年)は、年金記録未統合問題を受けて、夏の参院選で自民党が惨敗。参院は民主党が第1党になり、安倍首相は9月に政権をぶん投げ辞任を表明した。政治はドタバタだったが、ドコモがパケット定額制をスタートするなど携帯サービスは拡大していく。19歳のボクサーの卵は、一つの考えにたどり着いたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  5. 5

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  6. 6

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  7. 7

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  8. 8

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  9. 9

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  10. 10

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

もっと見る