猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

リーマン・ショックから11年…今のバブルは大丈夫なのか

公開日: 更新日:

 11年前の9月15日に起きたリーマン・ショックは美術市場にも大きな影響を与えた。その数日後に行われたニューヨークのオークション会場はガラガラだったそうだ。

 実はリーマン・ショックは、日本の美術業界にとって、平成バブル崩壊に比べれば震度4くらいの決して大きい打撃ではなかった。なぜなら1年前から草間彌生やリー・ウーファンら現代美術の相場が数倍に膨れていたし、新手のオークション会社や投資ファンドなどニューカマーが美術業界へ参入してきて、活況に沸いていた。いわば、ミニバブル状態。リーマン・ショックはそのあとの出来事だったから、もちろん2、3割は下落するなど少なからず影響はあったが、ただそれまでに異常に値を上げていただけに、致命的な損失は少なかったというわけだ。

 それでもバブル崩壊以後、逆風にさらされていた日本の美術業界にとっては、神風のように現れた現代美術バブルが瞬く間に消えてしまったことに動揺した。しかし、思わぬ救世主が現れた。中国マネーである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  6. 6

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  7. 7

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  8. 8

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  9. 9

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  10. 10

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る