LINEやANAが続々開設も 企業主導型保育所が抱える問題点

公開日: 更新日:

 幼児教育・保育の無償化で家計が助かっている子育て世帯は多いはず。出生率の向上と女性働き手の増加が狙いだが、同じような目的で内閣府が2016年から始めたのが「企業主導型保育所」だ。

 こちらの方は少なからず問題がある。企業主導型保育所は、会社が自社の施設や敷地内などに従業員(一部は非従業員に開放)のための保育所を設け、格安料金で利用させるというもの。設置した企業には内閣府から補助金が出て、固定資産税や事業税の優遇というメリットもある。そのためLINEやヤフー、ANAなどの企業が続々と保育所を開設しており、一部には社員の福利厚生として利用料を無料にしている会社もある。

 ところが、せっかく保育所を開設したものの、“育児のプロ”の経営ではないため保育の質が悪かったり、時間外の融通が利かなかったりで低利用になっているのが現実だ。またこれに幼保の無償化が追い打ちをかけ、会社の保育所に預けるメリット自体も薄れている。さらに全体の約1割の252施設が補助金を受け取っていながら、実際には開設していなかったという問題も。8000万円の補助金を不正に受け取ったとして逮捕される事件まで起きている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る