幼保無償化より…国の不妊治療サポートは晩婚の視点がない

公開日: 更新日:

 先日、2018年度の出生率が発表された。18年の出生数は91万8397人。出生数は3年連続の100万人割れとなっており、1899年(明治32年)の調査開始以来過去最少。合計特殊出生率は1.42で、出生数、出生率ともに3年連続の減少となった。

 その状況を打破しようと、今国会で成立した幼児教育・保育無償化を実施する改正子ども・子育て支援法。消費税増税に合わせ、今年10月にスタートする。安倍政権の目玉政策だが、果たして、出生率増加の追い風となるのだろうか。

■これまでも様々な子育てサポート行ってきたが出生率は低下

 今までも、国は子どもに対して、様々なサポートを行ってきた。子どもの医療費無償化に高校授業料無償化、昨今は低所得所対象に大学無償化法も成立したばかりだ。

 しかし、現状は出生率3年連続減少。その原因は“子ども”だけにスポットを当てているだけで、女性が“産もう”と思う環境づくりがままならないのが大きな原因ではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る