記入忘れはNG 還付金を1円でも多くする「年末調整」攻略法

公開日: 更新日:

 東京国税局から約1億2000万円の申告漏れを指摘された徳井義実(44)。目先の金に飛びついて大きな利益を失った大バカ者の典型だが、サラリーマンには「年末調整」という合法的な還付金の仕組みがある。

 ◇  ◇  ◇

 サラリーマンを何十年もやっても、いまだ「年末調整」の書き方をよく分かっていない人は多い。しかし、還付金制度は、その人の努力と工夫次第で戻ってくる金額に大きな差が出る。押さえておくべきポイントも、それほど多くはないから安心だ。

 一般的なサラリーマン家庭で年末調整の控除対象となってくるのは「生命保険」「地震保険」「配偶者」「扶養(子)」「iDeCo」だろう。

 給与引き落としが一般的な生命保険に関しては、あらかじめ勤務先の会社が申告書に“記入済み”のケースもあるが、忘れがちなのが「介護医療保険」だ。最近人気の自分が要介護や認知症になったら保障される保険で、2012年から控除対象になった。年間8万円以上の保険料支払いで4万円まで控除対象になる。うっかり記入を忘れてしまったら大損になるので、絶対に気をつけてもらいたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る