ラグビーW杯日本大会で気になる 日本人の主審がいない理由

公開日: 更新日:

 6日に発表された「2019ユーキャン新語・流行語大賞」に、ラグビーW杯から「ジャッカル」や「ONE TEAM(ワンチーム)」など5つがノミネートされた。まだまだ興奮冷めやらぬ人も少なくないようだが、あるW杯関係者が、こんな話をしていた。

「どんなスポーツでもそうですが、レフェリーのレベルが高くないと、プレーのレベル、選手のレベルは上がらない。そのプレーが国際的に通用するのかなど、厳しい目で判定できる人間がいるからこそ、試合の質が上がる。その結果、選手のレベルも上がる。日本のラグビーも、W杯でも笛を吹ける日本人レフェリーが増えていけば、ベスト8以上も望めるようになると信じたいですね」

 確かに、今回のW杯では、ラグビーの日本協会A級レフェリー・久保修平さんはアシスタントレフェリー(副審)を務めたが、12人の主審の中に日本人はいなかった。その理由について、日本ラグビーフットボール協会・審判部門長の原田隆司氏に話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る