ちゃんこ「玉海力」社長・河邉幸夫さんの巻<3>

公開日: 更新日:

魚屋がぶ(東京・六本木)

 六本木から赤坂にかけては、数多くの飲食店がありますが、価格面を含めて玉石混交といった側面もあるでしょう。その点、こちらは新鮮な食材を丁寧に調理していながら、良心価格なので安心です。

 角界出身だからというわけではありませんが、和食好きなので、飲むときは刺し身が外せません。九州玄界灘で水揚げされた魚介類を空輸していて、その日の午後3時には店に届くので、毎日、新鮮な魚介類が店頭に並ぶのです。

 お邪魔したときは、九州のネタは、唐津からアラカブとスジアラ、長崎のヒゲソリダイがあったほか、豊後のマダイ、青森のヒラメ、三陸のカレイ、瀬戸内のマダコ、伊豆のシマアジが脇を固めていました。

 アラカブはカサゴのことで、スジアラはハタの仲間。どちらも九州や沖縄ではよく知られた高級魚。おいしい魚です。産地との太いパイプがあればこそのラインアップ。東京の方にはなじみがないかもしれませんが、好きな方にはたまらないでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る