ちゃんこ「玉海力」社長・河邉幸夫さんの巻<3>

公開日: 更新日:

魚屋がぶ(東京・六本木)

 六本木から赤坂にかけては、数多くの飲食店がありますが、価格面を含めて玉石混交といった側面もあるでしょう。その点、こちらは新鮮な食材を丁寧に調理していながら、良心価格なので安心です。

 角界出身だからというわけではありませんが、和食好きなので、飲むときは刺し身が外せません。九州玄界灘で水揚げされた魚介類を空輸していて、その日の午後3時には店に届くので、毎日、新鮮な魚介類が店頭に並ぶのです。

 お邪魔したときは、九州のネタは、唐津からアラカブとスジアラ、長崎のヒゲソリダイがあったほか、豊後のマダイ、青森のヒラメ、三陸のカレイ、瀬戸内のマダコ、伊豆のシマアジが脇を固めていました。

 アラカブはカサゴのことで、スジアラはハタの仲間。どちらも九州や沖縄ではよく知られた高級魚。おいしい魚です。産地との太いパイプがあればこそのラインアップ。東京の方にはなじみがないかもしれませんが、好きな方にはたまらないでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  7. 7

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    窮屈で笑えない社会から逃げずウーマン村本はネタにする

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る