「南国酒家」5代目社長 宮田順次さんの巻<1>

公開日: 更新日:

ふた川(東京・六本木)

 六本木の交差点から六本木1丁目方面に向かって5分ほど、三河台公園の向かいの路地の階段を上がると、この店の看板が見えます。表の六本木通りの喧騒とは裏腹に落ち着いた雰囲気に、「関西割烹」の文字が映えます。

 このふた川さんは、食通の知人に教えていただいてから旬の和食が食べたくなると時々、お邪魔します。ご夫婦2人で切り盛りされていて、白木のカウンターに6席と小上がりのこぢんまりとしたたたずまいです。

 カウンターに腰を落ち着けて、瓶ビールを1本頼んで、お話を伺うと、ご主人は銀座の老舗関西割烹の出井さんで修業されたとのこと。「関西割烹でしょ、この時季はハモを外せません。いいものを吟味して仕入れないと」と笑顔で語りかけてくれました。

 その気持ち、よく分かります。私が手掛ける中華料理の世界で、干しアワビは3大食材のひとつ。日本から多く輸出され、日本に逆輸入されるのは品質がイマイチのものが少なくない。そこで、私は国産・蝦夷産の干しアワビの普及に頑張りましたから。

 私が和食屋さんで重視するのは、どこで修業されたか。最近の方はネットの口コミサイトのランキングを気にされるようですが、あれはほとんど意味がありません。特に和食は、修業された店が大事です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る