「南国酒家」5代目社長 宮田順次さんの巻<1>

公開日: 更新日:

ふた川(東京・六本木)

 六本木の交差点から六本木1丁目方面に向かって5分ほど、三河台公園の向かいの路地の階段を上がると、この店の看板が見えます。表の六本木通りの喧騒とは裏腹に落ち着いた雰囲気に、「関西割烹」の文字が映えます。

 このふた川さんは、食通の知人に教えていただいてから旬の和食が食べたくなると時々、お邪魔します。ご夫婦2人で切り盛りされていて、白木のカウンターに6席と小上がりのこぢんまりとしたたたずまいです。

 カウンターに腰を落ち着けて、瓶ビールを1本頼んで、お話を伺うと、ご主人は銀座の老舗関西割烹の出井さんで修業されたとのこと。「関西割烹でしょ、この時季はハモを外せません。いいものを吟味して仕入れないと」と笑顔で語りかけてくれました。

 その気持ち、よく分かります。私が手掛ける中華料理の世界で、干しアワビは3大食材のひとつ。日本から多く輸出され、日本に逆輸入されるのは品質がイマイチのものが少なくない。そこで、私は国産・蝦夷産の干しアワビの普及に頑張りましたから。

 私が和食屋さんで重視するのは、どこで修業されたか。最近の方はネットの口コミサイトのランキングを気にされるようですが、あれはほとんど意味がありません。特に和食は、修業された店が大事です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

  10. 10

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

もっと見る