山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】マンション住まいでサンマを焼くのは罪なのか?

公開日: 更新日:

 先日、馴染みの店で一杯飲んでいると、隣の先客が大将と、こんなことを話していた。

「うちのカミさん、魚を焼いてくれなくて。煙が出るのが嫌みたい。マンション住まいだと、隣近所への煙を気にして魚を焼かない家庭が少なくないんですよ。大将のサンマの焼き方は抜群で、おいしい」

 自主規制なのかマンションのルールなのか知らないが、せっかくの海の幸が食べられないのはもったいない。サンマを焼くのは罪なのだろうか。

 ◇  ◇  ◇

 サンマが日本の漁場に戻りつつあるという。

 時の流れのなかで、この魚の調理法はさまざま工夫されてきたが。昭和23年生まれには、七輪のじか火で焼き、豪快な煙を立ち上らせる魚がサンマなのだ。

 調理法はシンプル。江戸の長屋のころと、いささかも変わらない。丸ごとの銀色サンマに、たっぷり粗塩をあたる。炭火の頃合いや佳しとなるなり、七輪にてっきゅう(金網)を載せて、存分に熱する。網の焼きが甘いとサンマの美味い皮が、貼り付いてしまうからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  4. 4

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  5. 5

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  6. 6

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  7. 7

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  8. 8

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る