山本一力
著者のコラム一覧
山本一力作家

1948年、高知県生まれ。東京都立世田谷工業高校電子科卒業後、広告制作会社勤務等を経て97年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞。2002年「あかね空」で直木賞を受賞。「損料屋喜八郎始末控え」や「ジョン・マン」などシリーズ作品の他「欅しぐれ」「紅けむり」「千両かんばん」など著書多数。

【お題】商売繁盛のコツは時代の風を読み解く柔軟さか?

公開日: 更新日:

 ある家電量販店は、アルコールの試飲サービスに力を入れたところ、集客アップに成功しているそうだ。その狙いは、本業の家電のついで買いと女性客の掘り起こしだとか。なるほど、うまいアイデアだと思った。京都をはじめ各地の老舗も、本業はきちんと残しつつ、時代に折り合う要素を取り入れるところが多いと聞く。商売繁盛のコツはいくつもある。が、中でも一番といえば、大切なのは時代の風を読み解く柔軟さか。

◇  ◇  ◇

 事象のはやりすたりは、時代を超えて世の常だ。

 昭和の大ヒット商品「テレホンカード」。販促企画の売り込みに奔走していたわたしは、テレカの恩恵を享受した。

 公衆電話ヘビー利用の営業マンは、小銭不要のテレカは必需品だった。 携帯電話は、町から公衆電話もろともテレカをも駆逐した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

もっと見る