借金の有無から「投資離婚」へ…共働き夫婦が抱えるリスク

公開日: 更新日:

 ネコババから離婚に発展するケースが増えているという。総合不動産グループのFGHが、20~60代の既婚男女を対象に行ったアンケートによると、離婚の理由として最も多いのが、「価値観の不一致」(51%)だったが、「不倫・浮気」(23%)に次いで「お金の使い方」(9%)も3位に入っている。同調査は、「あなたが知っている離婚の種類」についても聞いていて、そこでも「投資離婚」という答えが一定数あったのだ。あまり聞き慣れない言葉だが、夫や妻に内緒の銀行口座や資産があるのがバレてトラブルに発展し、離婚に至ることを指すようだ。

 男女問題研究家の山崎世美子氏が言う。

「私は夫婦関係に悩む相談者の多くに『宝くじが当たったら配偶者に伝えますか?』と聞いていますが、ざっと半数は『言わない』と答えます。お金の管理は信用のバロメーターです。それで聞いているのですが、お金を隠すのは相手を信用していない証拠だし、この相手には取られたくないという心理が働いています。平穏な状態ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る