猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

おじいちゃんはなぜ骨董品を集めるのか

公開日: 更新日:

 美術品の買い取りのためにお客さま宅に行くと、「なんでうちのおじいちゃんはこんなにたくさん骨董品を買ってしまったんだろう」と嘆く遺族の声をよく耳にする。「お金だけ残してくれればよかったのにね」という嘆き節も。

 実際、バブル期に購入していることが多いため、売却価格は買った金額の10分の1くらいになってしまうことが多い。遺族が嘆く気持ちはよく分かる。

 ではなぜそんな物を買ってしまったのか? おじいちゃんの人生を振り返ってみると、高度成長期にがむしゃらに働いて、バブル期には車も家も持ち、不自由がなくなった。さて、自分のためにお金を使おうと思うのだが、どうやって使っていいのやら分からない。何もしないでいると通帳の金額が増えるだけ。では、自分へのご褒美に買いたい物を考えた時に、宝石でもなく、時計でもなく、美術品だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る