猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

日本の現代美術に群がる世界の富豪

公開日: 更新日:

 このニュースには驚いた。先月6日、香港で行われたサザビーズのオークションで美術作家・奈良美智の「ナイフ・ビハインド・バック」が2490万米ドル、つまり日本円にして約27億円で落札された。この金額は、2008年に記録した村上隆の等身大フィギュア「My Lonesome CowBoy」の約16億円を超え、日本人アーティストの最高記録となった。

 この作品は2メートル超もあり、作品のクオリティーやサイズ面からもコレクションの目玉になると思われるため、かなり激しい競り合いだったことが想像される。

 同オークションでは、草間彌生や白髪一雄ら日本人画家の作品も億超えとなり、過去のさまざまな記録を塗り替えた日となった。

 香港の学生たちのデモを尻目に、世界の富豪たちが現代美術の作品に群がるというのはいかにも現代らしい。私も美術品をなりわいにしているものの、何やら別世界での出来事のように感じる。ますます世界の所得格差は広がり、富豪たちの玩具として美術品がもてはやされている様子に、ついていけない。しかし美術品というのは、いつの時代もそんなものなんだろう。欲を出してネットオークションなどで偽物をつかまないよう気をつけてほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  2. 2

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  3. 3

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    楽天⇔ロッテ名簿交換 プロテクト漏れが噂される意外な2人

  9. 9

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  10. 10

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る