猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

日本の現代美術に群がる世界の富豪

公開日: 更新日:

 このニュースには驚いた。先月6日、香港で行われたサザビーズのオークションで美術作家・奈良美智の「ナイフ・ビハインド・バック」が2490万米ドル、つまり日本円にして約27億円で落札された。この金額は、2008年に記録した村上隆の等身大フィギュア「My Lonesome CowBoy」の約16億円を超え、日本人アーティストの最高記録となった。

 この作品は2メートル超もあり、作品のクオリティーやサイズ面からもコレクションの目玉になると思われるため、かなり激しい競り合いだったことが想像される。

 同オークションでは、草間彌生や白髪一雄ら日本人画家の作品も億超えとなり、過去のさまざまな記録を塗り替えた日となった。

 香港の学生たちのデモを尻目に、世界の富豪たちが現代美術の作品に群がるというのはいかにも現代らしい。私も美術品をなりわいにしているものの、何やら別世界での出来事のように感じる。ますます世界の所得格差は広がり、富豪たちの玩具として美術品がもてはやされている様子に、ついていけない。しかし美術品というのは、いつの時代もそんなものなんだろう。欲を出してネットオークションなどで偽物をつかまないよう気をつけてほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る