猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

手塚治虫の単行本の表紙原画 著者遺族のものか出版社か?

公開日: 更新日:

 マンガを美術品として取り扱うための障壁を考えるとき、そもそもマンガの原稿は誰のものかという問題に突きあたる。

 鳥山明にサイン会で書いてもらった色紙。これは売買していいだろう。しかし、手塚治虫の単行本の表紙の原画。これはそもそも誰のものだろうか? 著者の遺族? 出版社? 編集者?

 2003年には漫画家たちが「漫画原稿を守る会」を発起して、編集者や古書店などを訴え、問題に一石を投じた。

 たしかに原稿を著者の許可なしに売買することは、昔はまだしも現在は難しい状況である。

 同じ頃に起きた村上春樹の生原稿流出事件も、古書店の常識を変更しなければならなくなった。

 すると、美術商が扱える主な物は、ファンにあげた物、売った物に限られ、どうしても迫力に欠けるものになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  10. 10

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る