曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

原田パン本店(高速長田)地元をイメージした特別なパン

公開日: 更新日:

 長田神社の参道にある「原田パン」は、神戸市民なら誰しもが知るパン屋。神戸市学校給食にコッペパンなどが使われているために子供の頃より慣れ親しんだ味なのだ。

 同店が創業したのは戦争の爪跡がまだ残る昭和21年。パン屋に勤めていた原田増太郎さんがその技術を生かして兵庫区三条町で始めた。今の地に移ったのは昭和23年で、以来、長田のパン屋さんとして親しまれている。

 原田パンはスーパーや百貨店、病院での食事といろんな所で出合うため、認知度が高く、店舗数がたくさんあるのかと思いきや、長田区六番町の本店と房王子町の2店のみ。この店数でその存在感と知名度はすごいと言わざるを得ない。

 原田富男社長に自慢の商品はと尋ねると、「うちは昔からのパン屋なので」と謙遜しながらシャーベットクリーム(125円)を指してくれた。かなりのロングセラーで、実はバタークリームが生地になじむから、買った翌日の方がおいしいとアドバイスしてくれたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る