曽我和弘
著者のコラム一覧
曽我和弘

大学卒業後、ゴルフ雑誌や米国医学雑誌の編集を経て、あまから手帖社に入社。一貫して雑誌畑を歩む。99年にクリエイターズ・ファクトリーを設立。食分野を中心に取材・執筆のほか、食文化の継承や食の流行を作ったりと多方面で活躍。JR大阪駅構内などの飲食店もプロデュース。駅ナカビジネスの仕掛け人とも呼ばれる。現在は大阪樟蔭女子大で講師も務め、関西食文化研究会座長でもある。

原田パン本店(高速長田)地元をイメージした特別なパン

公開日: 更新日:

 長田神社の参道にある「原田パン」は、神戸市民なら誰しもが知るパン屋。神戸市学校給食にコッペパンなどが使われているために子供の頃より慣れ親しんだ味なのだ。

 同店が創業したのは戦争の爪跡がまだ残る昭和21年。パン屋に勤めていた原田増太郎さんがその技術を生かして兵庫区三条町で始めた。今の地に移ったのは昭和23年で、以来、長田のパン屋さんとして親しまれている。

 原田パンはスーパーや百貨店、病院での食事といろんな所で出合うため、認知度が高く、店舗数がたくさんあるのかと思いきや、長田区六番町の本店と房王子町の2店のみ。この店数でその存在感と知名度はすごいと言わざるを得ない。

 原田富男社長に自慢の商品はと尋ねると、「うちは昔からのパン屋なので」と謙遜しながらシャーベットクリーム(125円)を指してくれた。かなりのロングセラーで、実はバタークリームが生地になじむから、買った翌日の方がおいしいとアドバイスしてくれたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  6. 6

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  7. 7

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  8. 8

    東証株価590円急騰でまだ間に合うか 年末の狙い目23銘柄

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    窮屈で笑えない社会から逃げずウーマン村本はネタにする

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る