隣人愛に涙…病気でハロウィーン不参加の女児への思いやり

公開日: 更新日:

 病気の幼い女の子に対する隣人たちの優しさに、みんなニッコリだ。

 米地方テレビ局WTVF(11月25日付電子版)などによると、テネシー州フランクリンに住む2歳になるマッキンレー・ビスビーンちゃんは、生まれつき腎臓に機能障害を抱え、入退院を繰り返している。感染症にかかりやすいのだ。

 マッキンレーちゃんはウサギが大好き。父親からウサギのコスチュームを買ってもらい、「今年のハロウィーンはこれを着て、お菓子をねだる!」と張り切っていたが……。

 10月30日、ハロウィーンの朝、マッキンレーちゃんは腎臓の感染症でまたも病院に搬送され、ハロウィーンを楽しむことができなかった。

 しょんぼりする娘を見て母親のケイトさんは、地域コミュニティーSNSアプリ「ネクストドア」で事情を説明し、〈娘にハロウィーンを味わわせてやりたいのですが、近所にお付き合いしてくださる方はいないでしょうか〉と書き込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る