退職代行の専門家が明かす「慰留ハラスメント」壮絶実態

公開日: 更新日:

 職場のハラスメントは、パワハラやセクハラだけではない。いま、「慰留ハラスメント」が猛烈な勢いで広がりつつある。会社を辞めたいと言った途端、会社側からパワハラまがいの圧力を受けるケースだ。当人の意思など無視同然。会社の都合だけを押し付けて、辞めさせない。どうする?

 ◇  ◇  ◇

■辞めたいのに辞められない

 辞めたくても辞められない――。あろうことか、会社を退職できずに思い悩む社員が増えているという。常識的には、上司に退職届を出し、会社を辞める意思表示をすれば、十分のはずだが……。先ごろ、「退職代行」(SB新書)を上梓した、弁護士の小澤亜季子氏が言う。

「退職の意思を、第三者の業者に頼んで会社に伝えてもらう退職代行サービスのニーズは増えています。背景には、少子高齢化による労働力不足、人手不足があり、簡単に辞められては困る会社側が、あの手この手で強烈な引き留めに走るという構図があります。私自身、昨年の8月から弁護士の立場での退職代行サービスを開始しましたが、相談数はすでに400件を超えています。相談者の性別は男性が7割、世代別では30代が約30%で最も多く、20~40代合わせて8割を占めます。私のところは業者の中でもかなり値段も高いのですが、これはけっこう深刻な方が多いからだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る