東京湾で500匹発見! 知っておきたいヒアリの生態と恐怖

公開日: 更新日:

 しかし同社は台湾に研究員を派遣し、つぶさに観察・研究してきた。台湾はヒアリの上陸を防ぎきれず、国内のあちこちで繁殖している。

「第1の特徴は“アリ塚”を作ることです。土や砂がこんもりと盛り上がって、砂遊び場の小山のよう。ところが、それと知らずに手や足を突っ込むと……ワーッ! とすごい勢いで何千匹ものヒアリが這い上って襲いかかってきます。攻撃性が非常に強いんです」(有吉立さん)

 ヒアリはハチのように尻に針があり、それで刺す。1カ所くらいなら“痛い”で終わるかもしれないが(それでも相当痛いらしい)、集団で襲われたらたまったものじゃない。場合によってはアナフィラキシーショックを引き起こす危険性も。もし子供が公園などでイタズラ半分に手を入れようものなら……。

「見て分かるくらいの大きさのアリ塚になるには2~3年かかります。もしすでに日本に入っていて、巣を作り始めていたとしても、見つけるのは大変でしょう」(有吉立さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る