三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

公開日: 更新日:

桜を見る会」の存在が世間の耳目を集め始めたタイミングで沢尻エリカ容疑者が逮捕されたことについて、「不祥事隠しではないか」という声を耳にすることが多い。タレントのラサール石井さんもツイッターで〈政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される〉とつぶやいていた。〈次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ〉とも指摘している。

 これに対して、「目の前に犯罪を起こしている容疑者がいれば、捜査当局も見過ごすはずがない」とか「何の証拠もない陰謀説」といった批判もあるようだ。確かに証拠はないが、陰謀とはそんなものだ。何らかの痕跡を残すほど杜撰な工作を一体だれがやるというのか。

 もちろん常識で考えれば、犯罪者のストックなどあり得ないし、あってはならないことだ。だが、安倍さんたちは、常識では考えられないことを次々とやってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る